クラリーセージ Salvia sclarea

クラリーセージの花
写真 クラリーセージ 'バチカンホワイト'
撮影時期 2014.6.15
栽培状況 苗購入後、庭植え
科名・属名

シソ科
サルビア属

園芸分類

一年草(二年草)

別名

オニサルビア

原産地

ヨーロッパ、中央アジア

用途

庭植え

花期

6月

【クラリーセージについて】

クラリーセージは、ヨーロッパ、中央アジア原産のシソ科サルビア属の宿根草です。ただし、本来は宿根草ですが高温多湿に弱く、花が咲いた後、夏には枯れてしまうことから秋まき一年草若しくは春まき二年草として扱われています。寒い地域なら、宿根するかと思われます。

クラリーセージの名前は、「明るい」あるいは「清浄な」を意味するラテン語の「クラルス」に由来し、この粘液が目を洗うことに使われたようです。

宿根サルビアにはたくさんの種類がありますが、クラリーセージは特に大型で葉がとても大きく軽く30cmを超えます。

栽培したところでは、耐寒性は強く、秋にタネをまいて春に苗を植え付けたところ、生育は非常に旺盛で花もよく咲きましたが、サルビアの仲間にしては耐暑性が弱く、暑くなってくると枯れてしまいました。

【花の特徴と性質】

クラリーセージの花

草丈

大型で、大きくなると1.2〜1.5mほどになりますが、それよりもコンパクトな品種もあります。

1m以上もある花茎が直立して咲きます。花色はライラックブルー、白、淡いピンクなどがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、高温多湿が苦手です。

学名の説明

Salvia・・・・・salvare(治癒する)に由来するセージ(sage)のラテン古名 salvia から。
※ この属の一部が薬用になることに由来します。

sclarea・・・・・「澄んだ」、「透き通った」

【主な種類と品種】

ライラックブルー、白、淡いピンクなどの品種がありますが、上のバチカンホワイトは、草丈70cmほどのコンパクトな品種です。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

低温では発芽率が低くなるので、十分に暖かくなった4月下旬〜5月ごろにまきます。

関東以西の暖地の場合、春まきでは夏に枯れてしまうので、9月中旬〜10月上旬に播きます。秋まきでも翌年の初夏には開花します。

植え付け

株がとても大きくなりますので庭植えに向いています。鉢やプランターで育てるなら、大きなものを使用しないと根詰まりになります。

タネから育てた場合、ポットの底に根が回ったら定植します。秋まきの場合、成育が遅れた場合は冬の間、フレームなどで苗を育て、春になって移植しても十分花が楽しめます。

秋若しくは春に園芸店やホームセンターなどで苗が販売されていますので、これを植え付けると簡単です。

花壇に植えつける場合は、一週間ほど前に、苦土石灰を1u当たり100g程度撒いて耕しておきます。定植する際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

クラリーセージの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

2株以上植えるときは、60〜80pほどにします。

植え場所

日当たりがよく、水はけのよい場所を選びます。

日常の管理

暑さ対策として、開花後に思いきって切り戻しをして風通しをよくします。剪定した枝は挿し穂に使えます。

ただし、暖地では、夏越しは難しいです。

冬の管理

耐寒性は強いですが、秋にタネを播いた場合、苗の成長が遅く秋に定植するところまで大きくならない場合があります。

このときは、無理に秋に定植せず、ポットに植えたままフレームなどで育て、春になってから定植します。

充実した苗を秋に植えた場合、あるいは秋に苗を購入して定植したときは、霜除けの必要はありません。

ふやし方

挿し芽で増やすことができます。関東以西の暖地の場合は、タネから育てることになります。

肥料

植えつけ時に緩効性の化成肥料を1u当たり30グラムほど入れて植えつけます。

病気・害虫

育苗中にナメクジかカタツムリに幼葉を食べられ、せっかく発芽した苗がダメになることがありますので、見つけ次第駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。