グレビレア Grevillea spp.

グレビレアの花
写真 グレビレア
撮影時期 2011.4.23
栽培状況 庭植え
科名・属名

ヤマモガシ科
グレビレア属

園芸分類

非耐寒性広葉小低木

別名

(特にありません)

原産地

オーストラリア、ニュージーランド

用途

鉢植え

花期

冬〜春

【グレビレアについて】

グレビレアは、オーストラリアからパプアニューギニアにかけて分布しているヤマモガシ科グレビレア属の常緑低木です。この属には250種以上もあり、主に鉢物用に低木性の種類がたくさん導入されています。花は、とても変わった形をしていて、一般の花のイメージから少しかけ離れています。

栽培したところでは、オーストラリア原産の花木としては、比較的栽培しやすいと言えます。上の写真の品種は、耐寒性が比較的あり庭植えで育っていました。冬になると少し葉色は茶色っぽくなりますが葉を落とすことはありませんでした。

ただし、半耐寒性で、種類によって耐寒性にも幅がありますので、その点の注意が必要かと思われます。

【花の特徴と性質】

グレビレアの花

樹高

鉢物用は50pほどですが、現地では2mほどにはなるようです。葉が杉のような形をしており、いかにもオーストラリア原産という感じの植物です。

大変ユニークな形をしていますが、花弁のように見えるのは総苞です。苞の色は赤、黄、桃、白などがあります。花が非常に長く咲いているので、長く楽しめます。

耐寒性・耐暑性

半耐寒性で関東以西の暖地では庭植えできる種類もあります。鉢植用のものは3〜5度が必要なものが多く耐寒性は全体的に弱いようです。

学名の説明

Grevillea・・・・・イギリスの王立園芸協会の創設メンバーであった Charles F. Greville に因みます。

【主な種類と品種】

‘ピグミーダンサー’

この品種名は国内での流通名のようで、グレビレアの種間交配種と思われます。ピンクの花が咲きます。

‘ロビンゴードン’
'Robyn Gordon'

グレビレア・バンクシー(G. banksii)とG. bipinnatifidaの種間交配種で、赤い花が咲く品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常は鉢植えで育てますが、耐寒性のある品種であれば、関東以西の暖地なら庭植えでも育てることができます。通常は、春に園芸店などで売られていることが多いので、これを買って育てます。

グレビレアの花

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥を入れ、苦土石灰も少し撒いて、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えで育てる場合、購入した株の鉢が小さいときは、一回りか二回り大きい鉢に植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥を等量にした用土に植えていましたが、特に問題はありませんでした。

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、日当たりがよく、水はけのよいところに植えつけます。

また、夏の西日が当たるところは避け、北風の当たらない家の南側が最適です。

鉢植えも日当たりのよいところで育てます。ただし、梅雨時は雨の当たらないところに、また、夏は半日陰に移します。

植え付け

鉢植えで育てている場合は。毎年又は2年に1回、花後に植え替えます。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。この時に、伸びすぎた枝を切り詰めて、樹形を整えておきます。

日常の管理

多湿には少し弱いので、鉢の表面が乾いてからたっぷりと与えます。夏は涼しい場所で管理すると、冬から又花を咲かせます。

グレビレアの花

冬の管理

庭植えにしている場合は、マルチをしてやります。強い霜が予想されるときは、こもや不織布などで株を包むとよいと思います。

鉢植えは、霜の当たらない軒下や室内に移し、水やりは控えめにします。ただし、乾燥させすぎると弱りますので注意します。

ふやし方

繁殖は挿し木で増やすことができます。

肥料

肥料はやや控えめにし、春先と秋に緩効性の化成肥料を少し与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。