クリナム・アマビーレ Crinum amabile

クリナム・アマビーレの花
写真 クリナム・アマビーレ
撮影時期 2007.9.24
栽培状況 庭植え
科名・属名

ヒガンバナ科
クリナム属

園芸分類

春植え球根

別名

(特にありません)

原産地

スマトラ島

用途

鉢植え

花期

9〜10月

【クリナム・アマビーレについて】

クリナム・アマビーレは、大型のクリナムです。つぼみは濃い小豆色、開花すると美しい筋が入ります。クリナムの中でも最も美しい花が咲きますが、耐寒性が弱いことが残念です。

栽培した結果からすると、植えた年は開花せず、庭植えのまま二重にマルティングして、その上からバーミキュライトの空袋をかけて防寒したところ何とか、冬を越して9月に花が咲きました。この年が暖冬だったこともあります。その後、管理が不十分で枯らしてしまったことが返す返すも残念です。

【花の特徴と性質】

草丈

大型のクリナムで1mほどになります。

ローズピンクの美しい花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

クリナムの中でも耐寒性が弱いので、暖地でも庭に植えっぱなしにするのは厳しいといえます。

学名の説明

Crinum・・・・・ギリシャ語の crinos(ユリ)が語源です。

amabile・・・・・「愛らしい」、「かわいい」

【主な種類と品種】

他のクリナムはこちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

4月頃が植えつけ、植え替えの適期です。球根の三分の一ほどが見える程度に植えつけます。庭に植えることもできますが、冬がくる前に掘り上げる必要があります。

クリナム属ですので、鉢は大きめの10号程度が必要になります。以前に、タキイ種苗から送ってもらった球根がとても大きかったことを覚えています。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜた用土などを使います。

植え場所・置き場所

クリナム・アマビーレの花

鉢植えは、春から秋は日当たりのよいところに置きます。

庭に植える場合は、肥沃で日当たりのよいところが適地です。また、水はけの悪いところは避けるようにします。

日常の管理

植えた年は葉の展開が遅くなりますが、日当たりと水はけの良いところに植えてあれば心配はいりません。

鉢植えは、生育期は土の表面が乾いてきたら水やりをして、乾燥させすぎないようにします。寒くなってくるにつれ、水やりは控えめにします。

冬の管理

庭に植えた場合は、冬が来る前に掘り上げて鉢に取ります。丁寧に霜除けをすれば、暖地では植えっぱなしにできるとは思いますが、強い寒波に遭うと傷むことが考えられますので、あまりお勧めではありません。

鉢植えは、玄関先に取り込むなどして寒さを防ぎます。水やりは控えめにします。

肥料

鉢植えの場合、生育期間中は固形肥料を置き肥するか、2週間に1度の液肥を与えます。

病気・害虫

ハマオモトヨトウの食害に注意します。放っておくと被害が大きくなりますので、オルトランなどで早めに駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。