キバナアキギリ

キバナアキギリの花
写真 キバナアキギリ
撮影時期 2018.10.18
栽培状況 プランターで栽培

科名

シソ科

属名

アキギリ属

学名

alvia nipponica

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

本州、四国、九州

主な用途

庭植え、鉢植え

花期

10月

【キバナアキギリについて】

キバナアキギリは、本州、四国、九州に分布するシソ科の宿根草でサルビアの仲間です。北陸地方に分布する同属のアキギリ(S. glabrescens)とは別種になります。

なお、アキギリの名前は、秋に桐に似た花が咲くことに由来すると言われていますが、山野草としては、なかなか立派な名前を持っていると言えます。

【栽培メモ】

強い日差しを避けるようにすれば、育てやすい宿根草と言えます。アキギリと比較するとより耐暑性があるようでアキギリは夏に生育が衰えましたが、キバナアキギリは秋によく咲いてくれました。

【育て方は下へ ↓ 】

【キバナアキギリの概要】

草丈

20〜40cmほどです。

名前のとおり黄色の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 比較的強い

耐寒性、耐暑性がありますが強い日差しを嫌います。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱いの4区分。判断基準は、こちら

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名の説明

Salvia・・・・・salvare(治癒する)に由来するセージ(sage)のラテン古名 salvia から。
※ この属の一部が薬用になることに由来します。

nipponica・・・・・「日本の」

glabrescens・・・・・「ほとんど無毛になった」※ 茎や花序に腺毛がないことに由来します。

【主な種類と品種】

同じ仲間にアキギリがあります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 庭植えにするときは半日陰に植え付けます。

※ 鉢やプランターで育てる場合も、午後は日陰になるような場所に置きます。

植え付け

園芸店やホームセンターなどでは、春に苗が、また、秋に開花株が販売されていることが多いようです。

通常は、ポット苗が販売されていますので、購入したら早めに庭やプランターなどに植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土、あるいは、赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

強い日差しを嫌いますので、庭植えにするときは半日陰になるところに植え付けます。西日が当たるようなところは避けるようにします。

鉢やプランターで育てる場合も、午後は日陰になるような場所に置きますが、夏場は明るい日陰に移した方が無難です。

植え替え

鉢やプランターに植えた場合は、2年に1回は植え替えをします。

日常の管理

用土が乾きすぎるのを嫌いますので、鉢やプランターに植えた場合は、鉢土の表面が乾いてきたらたっぷりと水やりします。

冬の管理

冬は地上部が枯れこみますが、耐寒性がありますので霜よけ等は不要です。

ふやし方

株分けや挿し芽で増やすことができます。

肥料

庭植えの場合は、春と花後に与えるようにします。鉢やプランターで育てる場合は、生育期間中、月に1回程度緩効性の化成肥料を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。