ギョリュウ(御柳)

ギョリュウの花
写真 タマリクス・ラモシッシマ
‘ピンクカスケード’
撮影時期 2015.6.25
栽培状況 庭植え

科名

ギョリュウ科

属名

ギョリュウ属

学名

Tamarix

園芸分類

落葉中木

別名

タマリクス

原産地

中国ほか

主な用途

庭植え

花期

6〜9月

【ギョリュウについて】

ギョリュウは、ギョリュウ属の落葉樹で、本来は、中国産のタマリクス・シネンシス(Tamarix chinensis )を指すようですが、木が大きくなるためか、ほとんど見かけることはありません。

最近は、花がピンクのラモシッシマ(Tamarix ramosissima )の‘ピンクカスケード’がギョリュウとしてよく出回っています。いずれもその年に伸びた新枝に花が咲きます。

また、タマリクスという場合は、ヨーロッパ産のタマリクス・テトランドラTamarix tetrandra )を指す場合が多いようですが、明確なものではなく、ヨーロッパギョリュウと呼ばれることもあります。テトランドラは、前年の枝に咲く旧枝咲きで、4月に開花します。

ところで、‘ピンクカスケード’の花の咲き方はちょっと変わっていて、開花時期になると枝先が次第に花に変わっていくような印象を受けます。

‘ピンクカスケード’を栽培したところでは、年数がたっていないので生育は比較的ゆっくりですが、耐寒性、耐暑性とも強く、栽培は容易です。ただし、5年ほど経って急に枯れ込みましたので、木の寿命はそれほど長くないのかもしれません。

【この花の概要】

樹高

高さ3〜5mにはなります。針葉樹のような小さな針状の葉に特徴があります。

淡紅色の小さな花が枝先にたくさん咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 強い

耐寒性、耐暑性とも強く露地植えできます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名の説明

Tamarix・・・・・自生地であるピレネー地方の tamaris 川に因んだ古ラテン名です。

chinensis・・・・・「中国の」

ramosissima・・・・・「分枝の多い」

tetrandra・・・・・「4雄ずい(=おしべ)の」

【主な種類と品種】

ギョリュウ属の主な仲間です。

シネンシス
T. chinensis

中国原産で、もともと、ギョリュウと言えば本種のことを指します。二期咲きで、花は薄い紅紫色です。その年に伸びた枝先に咲く新枝咲きです。植栽は少ないようです。

ラモシッシマ
T. ramosissima

ピンクの花が咲き、花が美しいので比較的よく植えられています。‘ピンクカスケード’という濃いピンクの品種が販売されています。新枝咲きで花期は5〜6月と秋の二期咲きです。

テンランドラ
T. tetrandra

バルカン半島、西アジアが原産で、ヨーロッパギョリュウとも呼ばれます。旧枝咲きで、4月頃にピンクの花が咲きます。こちらは一期咲きです。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 枝がよく伸びるので、樹形を整えるため、12月〜2月頃に剪定をします。

植え付け

植え付けの時期は、春、秋いずれでもかまいません。土質は特に選びません。普通の庭土でもよく育ちます。枝がよく伸びますので、鉢植えにはあまり適していません。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ギョリュウの花

植え場所

土質は特に問いません。日当たりがよければ問題なく育ちます。

剪定

枝がよく伸びるので、樹形を整えるうえで剪定は欠かせません。

新しい枝の先に花が咲きますので、落葉期の12月〜2月頃に剪定をします。また、必要なら花後すぐに伸びすぎた枝を剪定します。切るところは、樹形にあわせて任意の位置でかまいません。

肥料

もともと丈夫で枝の伸びもよいので、極端なやせ地でなければ施肥は特に必要ありません。

病気・害虫

特にありませんが、急に枯れ込むことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。