キンケイギク(金鶏菊) Coreopsis basalis / C. grandiflora

キンケイギクの花
写真 ‘サンキッス’
撮影時期 2018.5.6
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

キク科
ハルシャギク属

園芸分類

秋まき一年草
宿根草

別名

キンケイソウ

原産地

アメリカ南部

用途

鉢植え、庭植え

花期

5月

【キンケイギク(金鶏菊)について】

キンケイギクは、本来は、アメリカ合衆国のテキサス州などが原産のキク科ハルシャギク属のコレオプシス・バサリス(Coreopsis basalis)を指しますが、園芸上は、ホソバハルシャギクと呼ばれる同属のグランディフローラ(C. grandiflora)もキンケイギクとして扱われています。

バサリスは一年草で、グランディフローラは宿根草ですが、何故、この二つがキンケイギクと呼ばれるかと言えば、おそらく、双方が非常によく似ていて、見分けがつきにくいからだと思われます。

この仲間にオオキンケイギクがありますが、オオキンケイギク(写真:最下段)は、北アメリカ原産の帰化植物です。とても丈夫で花も美しいので、道路の法面などに植栽されているのを見かけることがあります。

しかしながら、オオキンケイギクは、あまりの繁殖力の強さから特定外来生物に指定され、栽培が禁止されていますのでご注意願います。

キンケイギクの中の‘サンキッス’という品種のタネを播いて栽培したところでは、育苗も簡単で、育てやすかったです。なお、‘サンキッス’は、ホソバハルシャギクの系統です。

【花の特徴と性質】

キンケイギクの花

草丈

30〜50cmほどです。

花径5〜6cmほどで、基部が褐色の蛇の目咲きになります。

品種によっては、蛇の目がないものもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性があり丈夫です。

学名の説明

Coreopsis・・・・・ギリシャ語の koris(ナンキンムシ)+ opsis(・・・に似た)が語源です。
※ 美しい花にしては変な学名ですが、果実が南京虫に似ていることがその由来です。

basalis・・・・・「基部の」、「基底の」

grandiflora・・・・・「大きい花の」

【主な種類と品種】

コレオプシス・バサリス
C. basalis

テキサス州原産の一年草で、草丈は40pほどです。基部に褐色の蛇の目が入ります。園芸品種には、蛇の目の入らない品種もあります。

コレオプシス・グランディフローラ
C. grandiflora

ホソバハルシャギクと呼ばれる種類で北アメリカ原産の宿根草です。‘サンキッス’(上の写真2枚)や‘サンファイア’などの園芸品種があり、園芸上は、こちらの方が多く流通しているようです。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

キンケイギクの花

春まきの場合は3月下旬〜4月、また、秋まきの場合は9月下旬〜10月中旬ごろにまきます。育苗箱にまいて、覆土はタネが隠れる程度に薄くします。

発芽後、本葉が3〜4枚のころに3号のポリポットや小鉢に植え替えて、育苗します。

植え付け

ポットに根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。秋まきの場合、そのままポリポットで育て、春に定植してもかまいません。

春につぼみが付いた苗、あるいは花の咲き始めた苗が販売されていることが多いようです。ポット苗が一般的ですので、根鉢を崩さないように花壇や大きめの鉢やプランターに植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20〜25pとします。

植え場所・置き場所

日当たり水はけのよいところが適地ですが、半日陰でも栽培できます。土質を選ばず少々のやせ地でもよく生育します。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところで育てます。

キンケイギクの花

日常の管理

定植すれば、丈夫ですので、それほど手間がかかりません。

肥料

無肥料でもよく育つので、庭植えの場合は施肥の必要はありません。

鉢やプランターに植えた場合は、ときどき液肥を与えます。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。また、ウドンコ病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。