キバナノコギリソウ Achillea filipendulina

キバナノコギリソウの花
写真 キバナノコギリソウ
撮影時期 2014.6.19
栽培状況 庭植え
科名・属名

キク科
ノコギリソウ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

(特にありません。)

原産地

ロシアのコーカサス地方、イランなど

用途

庭植え

花期

6〜7月

【キバナノコギリソウについて】

キバナノコギリソウは、ロシアのコーカサス地方やイランが原産のキク科ノコギリソウ属の宿根草で、その名のとおり黄色の花が咲きます。セイヨウノコギリソウと比較すると、大型の草姿で葉もシダのように大きく、ワイルドな印象を受けます。

比較的耐暑性がありますので、暖地でも宿根します。

宿根草ですがタネも売られていますので、タネを播いて育てることができます。栽培したところでは、秋にまいた株のうち、残った株は半分以下になりましたが、その株は宿根し、毎年咲いています。

【花の特徴と性質】

草丈

1m〜1.2mほどになります。

黄色の小さな花が集まって、10cmほどの花房になります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、耐暑性も比較的あります。

学名の説明

Achillea・・・・・古代ギリシャの医師 A. Achilles に由来します。

filipendulina・・・・・「シモツケソウ属のような葉の」

【主な種類と品種】

アキレア(セイヨウノコギリソウ)は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

苗はあまり出回っていませんが、タネが売られていますので、タネをまいて育てることができます。

まき時は、9月下旬から10月中旬が適期です。育苗箱にまいても、ポットに直接まいてもかまいません。覆土は2mmほどにします。春まきもできますが、開花は翌年になります。

育苗箱にまいた場合は、発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えます。ポットに直接まいた場合は、発芽後、しっかりした苗を1本残し、ほかは間引きします。

植え付け

大型の宿根草になりますので、鉢で育てるよりも花壇に向いています。鉢やプランターで育てるならセイヨウノコギリソウが適しています。

タネをまいて育てたときは、ポットに根が回ったら植え付けます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の腐葉土若しくはバーク堆肥と緩効性の化成肥料を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

キバナノコギリソウの花

株間

株が大きくなりますので30〜40cmほどにします。

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけますが、比較的耐暑性がありますが、夏の西日が長く当たるところは避けた方が賢明です。

植え替え

繁殖力が強いので、混みあってきたら春か秋に株分けを兼ねて植え替えます。

日常の管理

花が終わったら切り戻しをしておきます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。

ふやし方

タネから育てる以外に、株分けで増やすことができます。

肥料

春先に緩効性肥料を与えますが、それほど多肥にする必要はありません。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。