キルロータ Cyrtanthus hybridus

キルロータの花
写真 キルロータ
撮影時期 2017.9.1
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ヒガンバナ科
キルタンサス属

園芸分類

春植え球根

別名

(特にありません)

原産地

種間交配種

用途

鉢植え

花期

8〜9月

【キルロータについて】

キルロータは、キルタンサス属の種間交配種で、夏に開花するタイプです。一方の親は、バロータと呼ばれていた種類で、もう一方の親は、キルタンサス・サンギネウス(C.sanguineus)とされています。

バロータは、以前は、バロータ属に分類され、バロータ・スペシオサ(Vallota speciosa)と呼ばれていましたが、現在はキルタンサス属に分類され、キルタンサス・エラツス(C. elatus)とされています。

このバロータは、以前に球根が販売されていて育てたことがありますが、花が咲きにくい印象でした。ということで、本種は、バロータを花が咲きやすいように改良する目的で育種されたのかなという気もします。

タキイ種苗のカタログに載っていましたので、2016年の春に購入して栽培したところ、その年は花が咲かず、少し諦めかけていましたが、今年(2017年)の8月下旬になって、花が咲いてくれました。

半耐寒性ですが、私のところ(香南市野市町)では、軒下で特に問題なく冬を越しています。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜35pです。

花径が7cmほどの濃い赤橙色の花が咲きます。キツネノカミソリの花に似ています。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、半耐寒性です。

学名の説明

Cyrtanthus・・・・・ギリシャ語の cyrt(湾曲)+ anthus(花)が語源です。

elatus・・・・・「背の高い」「丈の高い」

sanguineus・・・・・「血紅色の」

【主な種類と品種】

キルタンサスは、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

半耐寒性ですので、通常は、鉢植えで育てます。植え付けの適期は、3〜4月頃です。

寒さに比較的強いので暖地では庭植えができるようですが、まだ庭植えで育てたことはありません。

鉢植えの用土

市販の球根用培養土、若しくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜた用土などを使います。

植え付けの深さ

球根の上部が少し見える程度にします。

キルロータの花

株間

6〜7号鉢に3球程度が目安です。

置き場所

日当たりのよいところに置きます。夏場も半日陰に置かなくても大丈夫です。

植え替え

小さめの鉢の場合は2年、少し大きめの鉢の場合は3年に1回を目安に植え替えします。

日常の管理

過湿にならないよう土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。

冬の管理

関東以西の暖地では、霜の当たらない軒下で冬を越せます。ただし、特に寒さの厳しいときは、室内に取り込んだ方が安全です。

水やりは、ごく控えめにします。

ふやし方

小球がたくさんできますので、植え替えのときに分球して増やすことができます。

肥料

植えつけ時に緩効性の化成肥料を与えます。後は、生育期間中、月に1〜2度液肥を与えます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。