キセワタ Leonurus macranthus

キセワタの花
写真 キセワタ
撮影時期 2018.8.26
栽培状況 鉢植え
科名・属名

シソ科
メハジキ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

日本、中国東北部など

用途

庭植え、鉢植え

花期

8〜9月

【キセワタについて】

キセワタは、日本などに自生しているシソ科メハジキ属の宿根草で、メハジキ(Leonurus sibiricus)の近縁種です。「着せ綿」と書き、白い毛が花を覆っていることに由来すると言われています。

「山と渓谷社」の「山渓カラー名鑑」では、園芸植物ではなく野草の方に掲載されているように、本来は野草かもしれませんが、花が美しいことから山野草として園芸店やホームセンターなどで販売されています。なんとなくレオノティスに咲き方がよく似ています。

栽培したところでは、暑さ、寒さに強く丈夫です。

【花の特徴と性質】

草丈

60〜80cmほどです。

2.5〜3cmほどの薄ピンク色の唇形花が、葉腋に輪生します。個体によって、多少花色に濃淡があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があります。

学名の説明

Leonurus・・・・・ギリシャ語の leon(ライオン)+ oura(尾)が語源です。

macranthus・・・・・「大きい花の」、「大きい花のある」

sibiricus・・・・・「シベリアの」

【主な種類と品種】

メハジキ属では、野草のメハジキをよく見かけます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどで売られていますが、通常、夏の終わりから秋に開花株が3〜4号ほどのポット植えられていて根詰まり気味の場合が多いので、その場合は、一回りか二回りほど大きな鉢に根鉢をあまり崩さないように植えつけます。

もちろん、庭植もできますが、暑い時期は避け秋か春先に植え付けた方が無難です。

鉢植えの用土

市販の山野草培養土、あるいは、赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

キセワタの花

植え場所・置き場所

日当たりのよいところで育てます。

植え替え

3月頃が植え替えの適期です。

日常の管理

日当たりを好みますが、鉢植えの場合、真夏は半日陰に置くと鉢土が乾燥しすぎるのを防ぎ、水やりの手間が多少とも少なくなります。

冬の管理

冬には地上部が枯れますので、冬が来たら地際から切り取っておきます。耐寒性がありますので、霜除け等は必要ありません。

ふやし方

植え替えの時に株分けをして増やすことができます。

肥料

春に緩効性の化成肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。