ギンモクセイ Osmanthus fragrans

ギンモクセイの花
写真
撮影時期
栽培状況 庭植え
科名・属名

モクセイ科
モクセイ属

園芸分類

常緑中高木

別名

桂花

原産地

中国

用途

庭植え

花期

10月

【ギンモクセイについて】

ギンモクセイは、キンモクセイと比較すると、花の数も少なく、また、香りもそれほど強くないので、残念ながら植栽は非常に少なく、見かける機会はほとんどありません。

キンモクセイは、ギンモクセイの変種で、本来は、モクセイといえばギンモクセイのことを言います。しかし、香りが強いキンモクセイの方が庭木として一般的に植えられるようになったことから、現在では単にモクセイと言えばキンモクセイを指すようになっています。

【花の特徴と性質】

樹高

高さ4〜5mになる常緑中高木です。

花は新枝の葉腋に束生して咲きます。花色は白花です。よい香りを持っていますがキンモクセイほど強い香りではありません。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、東北南部以南の地域で栽培可能と言われています。

【主な種類と品種】

モクセイ属の仲間にはキンモクセイのほかウスギモクセイ、ヒイラギ、ヒイラギモクセイなどがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

3〜4月か9月〜10月が植えつけの適期です。

植え場所

日当たりのよい場所に植えつけます。土質を選びませんが、潮風に弱く海岸に近いところは向きません。

剪定

剪定をしなくても比較的まとまった樹形になりますが、形をつくる場合は花後すぐに行います。

肥料

チッソ分の多い肥料を与えすぎると花付きが悪くなりますので、肥料は控えめとします。

病気・害虫

カイガラムシが比較的多く発生します。冬にマシン油乳剤を散布して防除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。