カメリア・エリナ Camellia ‘Elina’

カメリア・エリナの花
写真 カメリア・エリナ
撮影時期 2018.4.12
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ツバキ科
ツバキ属

園芸分類

常緑低木

別名

(特にありません)

原産地

園芸交雑種

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月

【カメリア・エリナについて】

カメリア・エリナはツバキ科ツバキ属の常緑低木ですが、日本のツバキ(Camellia japonica)とは、樹形や花の形が大きく異なります。

なお、本種は原種ではなく、中国の雲南省などが原産のカメリア・ツァーサイ(C. tsaii)と中国南東部、台湾、沖縄が原産のカメリア・ルチェエンシス(C. lutchuensis)の種間交雑種と言われています。

栽培したところでは、耐寒性もあり、日本のツバキと比較しても育てにくいということはありません。木がそれほど大きくなりませんので、鉢植えでも十分育てられます。

【花の特徴と性質】

樹高

2mほどになりますが、剪定をしながら育てると樹高を抑えることができます。

蕾は薄紅色をしていて、開花するとピンクがかった白い花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

比較的耐寒性があり、関東以西の温暖地では庭植えが可能です。

学名の説明

Camellia・・・・・17世紀のチェコの宣教師 G.J.Kamell への献名

tsaii・・・・・中国人の蔡稀陶への献名

lutchuensis・・・・・「琉球の」

【主な種類と品種】

枝がしだれるエリナカスケードがよく販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどで見かけることの多い樹種です。植え付けは、春又は秋のいづれでも差し支えありません。木がそれほど大きくなりませんので、鉢植えでも十分に育てることができます。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に三分の一程度の腐葉土若しくはバーク堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、腐葉土若しくはバーク堆肥を4:3:3程度に混ぜた用土などを使います。

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、日当たりのよいところでも半日陰でもかまいません。

鉢植えも同様ですが、夏場は、鉢が乾燥しすぎるのを防ぐため午後は日陰になるところが向いています。

植え替え

鉢植えは、2年に1回を目安に植え替えをします。

剪定

花後に、伸びすぎた枝を剪定します。8月以降に剪定をすると、花芽まで切ってしまうことになりますので注意します。

冬の管理

比較的耐寒性はありますが、木が小さいうちは霜除けをした方が安全です。鉢植えの場合は、寒風や霜に当てないようにします。

肥料

3月と9月下旬に緩効性の化成肥料を置き肥します。

病気・害虫

チャドクガの発生は少ないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。