カカリア Emilia coccinea

カカリアの花
写真 カカリア ‘スカーレットマジック’
撮影時期 2015.6.10
栽培状況 春まき後、庭植え
科名・属名

キク科
エミリア属

園芸分類

春まき一年草

別名

エフデギク、ベニニガナ、エミリア

原産地

アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜10月

【カカリアについて】

カカリアは、アフリカ原産のキク科エミリア属の春まき一年草です。現在は、エミリア属に分類されていますが、以前はカカリア属とされていたので、今もその名前で流通しています。

エフデギクという別名のとおり、花が絵筆のように見えます。主に切り花として利用されています。

花自体がそれほど派手ではないのか、園芸店などで苗を見かけることはほとんどありません。栽培するなら、タネをまいて育てることになります。

栽培したところでは、発芽後の成長がとても早く、どんどん大きくなって、あっという間に花が咲きました。

【花の特徴と性質】

カカリアの花

草丈

30〜60pほどになります。

細長い花茎の先に小さな花が咲きます。花色は赤やオレンジなどがあります。花期が長く、11月まで咲いていました。

耐寒性・耐暑性

耐暑性はありますが、耐寒性はありません。

学名の説明

Emilia・・・・・(※ 不詳)

coccinea・・・・・「深紅色の」

【主な種類と品種】

‘スカーレットマジック’

赤い花が咲く品種です。

‘アイリッシュポエット’

橙色の花が咲きます。(写真中)

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

3月下旬〜4月がタネまきの適期です。移植を嫌うので、直まきにするか、ポットにまいて育苗します。覆土は、タネが隠れる程度にします。

ポットにまく場合は、2〜3粒ずつまいて、発芽後に間引いて1本にします。

植え付け

ポットにまいた場合は、大きく育ってから定植すると植え傷みしますので、本葉5〜6枚のころに早めに定植します。

植えつけ時に、腐葉土もしくはバーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。なお、過湿を嫌いますので、庭植えの場合は、少し高うねにしておくと安心です。

カカリアの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土、あるいは、赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20pほどにします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところを好みます。

日常の管理

花茎が長く伸びてきますが、花茎が柔らかいので風雨で倒れることがあります。必要な場合は、早めに支柱をしてやります。

肥料

庭植えの場合は、ほとんど必要ありません。特に窒素肥料が多いと徒長して、倒れやすくなります。

鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を元肥として与え、後は、1月ほどしたら2週間に1回程度液肥を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。

病気・害虫

過湿にすると立ち枯れ病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。