オノエマンテマ(尾上マンテマ) Gypsophila cerastioides

オノエマンテマの花
写真 オノエマンテマ
撮影時期 2007.4.8
栽培状況 鉢植え

ナデシコ科
カスミソウ属

園芸分類

宿根草

カーペットかすみ草

ヒマラヤ

庭植え、鉢植え

3〜4月

【オノエマンテマについて】

オノエマンテマは、宿根カスミソウの仲間ですが、カーペットかすみ草という別名のとおり、よく見かけるカスミソウとは異なり、横に広がり花が咲きます。ただし、カーペットになるほどどんどんと広がるわけではありません。

栽培したところでは、鉢の置き場所が悪かったのか、夏に枯れてしまったことがありますので、高温多湿が苦手のようです。

なお、「尾上」というのは人名ではなく、「山の頂」という意味です。

【花の特徴と性質】

草丈

10〜15pほどになりますので、花壇の縁取りにぴったりです。

小さな花で、白い花弁に濃い赤紫の筋が入ります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性がやや弱いようです。

学名の説明

Gypsophila・・・・・ギリシャ語の gypsos(石灰)+ phylos(好む)語源です。
※ 宿根カスミソウ属のいくつかの種類が石灰質のところに自生していたことによるものです。

cerastioides・・・・・ギリシャ語の cerastes(角状の)+ oides(・・・に似た、・・・のような)が語源です。

【主な種類と品種】

カーペットカスミ草として販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春にポット苗が売られていますので、購入したら早めに鉢やプランターに植え付けます。

高温多湿に弱いので、暖地の場合、花壇に植えると夏には枯れてしまうことが多いようです。

オノエマンテマの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土に植え付けます。赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、軽石砂を6:2:2程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

春と秋は日当たりのよいところに置きます。多湿を嫌いますので、鉢やプランターは梅雨時は雨のかからない軒下に移します。

植え替え

3月になったら株分けを兼ねて植え替えます。

日常の管理

過湿にならないよう鉢土の表面が乾いてから水やりをします。

夏の管理

暑がりますので、午前中少し日が当たり、風通しのよい涼しいところに置きます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越します。鉢植えの場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

植え替えの時に株分けで増やすことができます。また、6月ごろに挿し芽ができます。

肥料

春と秋に液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。