オーニソガラム・ダビウム

オーニソガラム・ダビウムの花
写真 オーニソガラム・ダビウム
撮影時期 2007.5.12
栽培状況 鉢植え

科名・属名

ユリ科
オオアマナ属

園芸分類

秋植え球根

別名

オーニソガラム・ドゥビウム

原産地

南アフリカのケープ州

用途

鉢植え

花期

5月

【オーニソガラム・ダビウムについて】

オーニソガラム・ダビウムは、南アフリカのケープ州原産のユリ科オーニソガラム属の秋植え球根です。オーニソガラム属の花は、多くが白花ですが、このオーニソガラム・ダビウムは黄色、オレンジ色、それにクリーム色の花が咲きます。全体の印象も他のオーニソガラム属の植物と比較すると、やや異なった印象を受けます。

それででしょうか、種小名は「疑わしい」、「曖昧な」という意味ですが、命名者であるオランダの博物学者の Martinus Houttuyn は、この植物を別の分類の下に置くべきかどうか疑問に思っていたようです。

通常は鉢植えで育てますが、南アフリカが原産地で耐寒性がそれほど強くありませんので、その点の注意が必要です。

栽培したところでは、冬の寒さに気を付ければ他のオーニソガラム属と同様、栽培はさほど難しくありません。

【オーニソガラム・ダビウムの概要】

オーニソガラム・ダビウムの花

草丈

20〜30pほどになます。

星形の6弁の花が茎の先に固まって咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 (夏は休眠)

比較的耐寒性はありますが、霜に当たると傷みます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Ornithogalum dubium

学名の説明

Ornithogalum・・・・・ギリシャ語の Ornithos(鳥)+gala(ミルク)が語源です。
※ 花色が白いことからだと思われますが、なぜ「鳥」なのか理解できないところです。

dubium・・・・・「疑わしい」、「曖昧な」

【主な種類と品種】

黄色、オレンジ色、そして最近クリーム色の品種が出ています。なお、オーニソガラムのほかの品種は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 冬場は、霜の当たらないところで育てます。

※ 休眠期は、鉢に植えたまま雨の当たらない日陰で秋まで保管します。

植え付け

10月上旬に植えつけます。耐寒性があまりなく、霜に当たると傷んでしまいますので、通常は鉢植えで育てます。

オーニソガラム・ダビウムの花

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、水はけのよい用土を使いますが、市販の球根用培養土でも大丈夫です。

植え付けの深さ

球根の深さは3pほどが適当です。

植え場所

日当たりのよいところに置きます。

株間

6号鉢に5球程度とします。

日常の管理

乾燥した土地を好みますので水のやりすぎには注意します。もっとも、比較的丈夫な球根植物ですので、それほど神経質になる必要はありません。

冬の管理

耐寒性があまり強くありませんので、暖地では、冬は霜の当たらない軒下や玄関先などに移します。暖地以外は、室内に取り込みます。

特に寒さの厳しいときは、暖地の場合でも軒下では寒さで傷むことがありますので、そうした日の夜は室内に入れた方が安全です。

休眠期の管理

オーニソガラムの球根は、特に暖地の場合、梅雨から夏の高温多湿で腐ってしまうことがありますので、葉が枯れ始めたら、水やりを中止し、雨の当たらない日陰で鉢に植えたまま秋まで保管します。

オーニソガラム・ダビウムの花

肥料

球根を植え付ける際に、緩効性の化成肥料を与えます。

後は、暖かくなったら2週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

目立った被害を与える病害虫はありませんが、梅雨時に雨が当たるところに置いておくと、高温多湿のために球根が腐ってしまうことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。