オウバイ(黄梅) Jasminum nudiflorum

オウバイの花
写真 オウバイ
撮影時期 2013.2.6
栽培状況 鉢植え
科名・属名

モクセイ科
ソケイ(ジャスミナム)属

園芸分類

落葉低木

別名

迎春花(中国名)

原産地

中国

用途

庭植え、鉢植え

花期

3月

【オウバイについて】

オウバイは、春早く黄色の花が咲くので、梅になぞらえて黄梅と呼ばれるようです。ソケイ(ジャスミナム)属ですが、残念ながら花に香りはほとんどありません。

一般には、常緑でオウバイよりも花の大きなウンナンオウバイ(オウバイモドキ)がよく植栽されているようですが、オウバイは盆栽や鉢物としても栽培されています。

栽培したところでは、ウンナンオウバイと比較すると花が小さく、コンパクトな株立ちになります。

【花の特徴と性質】

樹高

樹高は1mほどになります。

花径2pほどの黄花を咲かせます。

耐寒性・耐暑性

東北南部以南で栽培可能です。

学名の説明

Jasminum・・・・・アラビア語のマツリカ(ysmyn)をラテン語化したもの

nudiflorum・・・・・nudi(裸の)+florum(花)が語源です。
※ 花が無毛であることにちなんでいます。

【主な種類と品種】

オウバイの仲間です。

ウンナンオウバイ
J. mesnyi

オウバイモドキとも呼ばれます。オウバイに似ていますが、常緑でオウバイよりはるかに大きくなります。花はオウバイと同じ黄色ですが、八重咲きのように見えます。

キソケイ
J. humile var. revolutum

ヒマラヤ原産の常緑低木です。5〜6月に黄色の花を咲かせます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

庭植えはもちろん、木がそれほど大きくなりませんので鉢植えでも栽培できます。植えつけの時期は、春は3月、秋は10月ごろです。園芸店やホームセンターなどでは、盆栽風に仕立てられた株が売られています。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

オウバイの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

庭に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢で育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

剪定

強健で生育がよく、放任すると樹形が乱れますので、剪定作業は欠かせません。夏には花芽ができてきますので、通常の剪定は、花後すぐに行います。冬に強剪定をすると、せっかくできた花芽を切り取ることになります。

花後の剪定は、伸びすぎた枝を切り詰めたり、逆枝、立ち枝、下がり枝、平行枝などを切り取って樹形を整えます。

12月〜2月の剪定は、伸びすぎて、特に目障りな枝を切り詰める程度に補助的に行います。

ふやし方

挿し木が可能です。

肥料

多肥にする必要はありません。特にチッソ分は控えめにします。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。