オーニソガラム

オーニソガラム・シルソイデスの花
写真 オーニソガラム・シルソイデス
撮影時期 2005.5.14
栽培状況 庭植え(冬はポリシートで霜除け)

科名・属名

ユリ科
オオアマナ属

園芸分類

秋植え球根

別名

オオアマナ

原産地

ヨーロッパ、アフリカ
西アジア

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜6月

【オーニソガラムについて】

オーニソガラムは、ヨーロッパ、アフリカなどが原産のユリ科オオアマナ属の秋植え球根です。いずれも花が美しく育てやすいので、大変魅力のある秋植え球根です。

ウンベラタム、ヌタンス、アラビカムなどはヨーロッパや小アジア原産で耐寒性があり、また、シルソイデスや子持ちオーニソガラムなどアフリカ産のものは耐寒性がやや弱いといえます。

多くは白花ですが、同じ白花でも個性があります。また、黄色やオレンジ色の花が咲くダビウムもよく栽培されています。

鉢植えでもよく花が咲きますし、耐寒性のある種類は花壇に植えて楽しめます。

【栽培メモ】

耐寒性のあるヨーロッパ原産のウンベラタムなどは、庭植え、鉢植えのいずれでもよく育ちますが、アフリカ原産の種類は、耐寒性がやや弱いの鉢植えで育てます。いつも、霜の当たらない軒下で育てていますが、よく咲いてくれます。

また、シルソイデスを庭植えにして、を冬の間、農ポリでトンネルをして育てたところ、上の写真のようによく咲いてくれました。

【オーニソガラムの概要】

オーニソガラム・ヌタンスの花

草丈

15〜50pほどになます。

星形の6弁の花が咲きます。花色は白花のものがほとんどですが、黄や橙の花が咲くものもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い〜比較的強い
耐暑性 (夏は休眠)

ヨーロッパ原産のものは耐寒性が強いですが、南アフリカ原産のものは強くありません。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Ornithogalum spp.

学名の説明

Ornithogalum・・・・・ギリシャ語の Ornithos(鳥)+gala(ミルク)が語源です。
※ 花色が白いことからだと思われますが、なぜ「鳥」なのか理解できないところです。

thyrsoides・・・・・「密錐花序形の」

dubium・・・・・「疑わしい」、「あいまいな」

nutans・・・・・「うなずいた」、「うなだれた」

umbellatum・・・・・「散形花序の」

arabicum・・・・・「アラビアの」

balansae・・・・・フランスの植物学者 Benedict Balansa への献名

【主な種類と品種】

シルソイデス
O. thyrsoides

南アフリカケープ地方原産で、草丈は40cmほどです。白花を長い花穂に密につけます。マウントエベレストという名前で売られていることもあります。

ダビウム
O. dubium

南アフリカ原産で、草丈は25〜30pほどです。花はオレンジ色と黄色があります。

ヌタンス
O. nutans

ヨーロッパ原産で、草丈は25cmほどです。白花が咲きますが、花弁の裏が灰緑色で単なる白花とは少し趣の異なる色合いです。(写真:上から2枚目)

ウンベラタム
O. umbellatum

ヨーロッパ原産で、草丈15pで、星形の5弁の花をたくさん咲かせます。別名を「ベツレヘムの星」といいます。

アラビカム
O. arabicum

ヨーロッパ産で、草丈は50pほどです。花色は乳白色で芳香があります。花の中心にある子房が黒いのでクロボシオオアマナの和名があります。(写真:下から2枚目)

バランサエ
O. balansae

トルコとコーカサス原産で、草丈10pほどの小型種で2月中旬には咲き始める早咲きです。(写真:最下段)

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 比較的乾燥した環境を好みますので水のやりすぎには注意します。

※ 耐寒性の弱いアフリカ産の種類は、暖地では、冬は霜の当たらない軒下や玄関先などに移します。

植え付け

10月上旬〜下旬に植えつけます。ヨーロッパ産は庭植もできますが、耐寒性の弱いアフリカ産の種類は、通常は鉢やプランターで育てます。

シルソイデスはアフリカ産ですが、庭植えにして、冬の間、不織布でトンネルして育てることができます。ただし、暖地での例です。

オーニソガラム・アラビカムの花

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰をまいて、酸性土壌を中和しておきます。植え付けの際は、腐葉土(バーク堆肥)を入れて、庭土を深さ20〜30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、水はけのよい用土を使いますが、市販の球根用培養土でも問題ありません。

植え付けの深さ

深さは庭植えで5p、鉢植えで3cmほどが適当です。

株間

小型種は、5〜10cm間隔、大型種は15〜20cmとします。また鉢植えの場合、小型種は5号鉢に5球、大型種の子持ちオーニソガラムは7号鉢に1球とします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと排水のよいところに植えつけます。水はけがよくないと生育が悪くなり、最悪の場合には球根が腐ってしまうことがあります。

鉢やプランターに植えた場合も日当たりのよいところに置いて育てます、

植え替え

鉢植えは、通常、毎年植え替えるようにします。庭植えも、関東以西の暖地では、毎年、掘り上げて秋に植え替えます。

日常の管理

比較的乾燥した環境を好みますので水のやりすぎには注意します。

冬の管理

耐寒性の弱いアフリカ産の種類は、暖地では、冬は霜の当たらない軒下や玄関先などに移します。特に寒さの厳しいときは、軒下では寒さで傷むことがありますので、室内に入れた方が安全です。暖地以外は、室内に取り込みます。

オーニソガラム・バランサエの花

休眠期の管理

オーニソガラムの球根は、特に暖地の場合、梅雨から夏の高温多湿で腐ってしまうことがありますので、葉の枯れ始めるころに掘り上げた方が安心です。

掘り上げた後は、水洗いした後、日陰で乾燥させて秋まで涼しいところで保管します。

肥料

肥料は球根を植え付ける際に、緩効性の肥料を与えます。庭植えの場合は、追肥は必要ありません。鉢植えの場合は、元肥の他、生育期間中に液肥を月に1回程度与えます。

病気・害虫

雨が続いて高温多湿の条件になると、白絹病が発生して、球根が腐ってしまうことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。