オシロイバナ Mirabilis jalapa

オシロイバナの花
写真 二段咲きオシロイバナ ‘微笑みがえし'
撮影時期 2016.7.6
栽培状況 春まき後、庭植え
科名・属名

オシロイバナ科
オシロイバナ属

園芸分類

春まき一年草
宿根草

別名

ユウゲショウ

原産地

熱帯アメリカ

用途

庭植え

花期

7〜10月

【オシロイバナについて】

オシロイバナは、熱帯アメリカの原産のオシロイバナ科の宿根草です。タネをつぶすと胚乳が白い粉状になり、それがおしろいに似ていることから、こういう名前が付いたようです。

本来は宿根草ですが、耐寒性が弱く一般には春まき一年草として扱われます。もっとも、暖地では宿根し、冬は地上部が枯れますが、春になるといつの間にか芽が出てきて夏になると花をつけ始めます。

赤紫の花が雑草のようになっていますが、園芸種は捨てたものではありません。残念なのは、明るいうちは開花しないので、よい写真が取れないということでしょうか。もっとも、「サカタのタネ」から二段咲きオシロイバナ‘微笑みがえし'が販売になり、状況も変わってきています。

栽培したところでは、種も大きく発芽も良好なうえに、非常に丈夫で手間がかかりません。また、花期が長く、秋の遅くまで花が咲いています。‘微笑みがえし'を早速まいてみましたが、丈夫な点は変わりません。

冬は、特にマルチングなどしていませんが、特に問題はありません。

【花の特徴と性質】

オシロイバナの花

草丈

40cm〜1m程度です。

赤、黄、赤紫、絞りなど多彩です。実は、花のように見えるのはガク(萼)です。

この花の特徴は、開花時間で、普通の草花と異なり夜間性の花で、午後になって花が開き、明け方に花を閉じます。英語では、4時に開花するということで「フォーオクロック」と呼ばれています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は弱く、暖地以外では冬を越すことはできません。暖地でも、冬には地上部が枯れてしまいますが、翌年、芽が出てきます。

耐暑性は強く、夏の暑さも全く問題としません。

学名の説明

Mirabilis・・・・・「不思議な」、「すてきな」

jalapa・・・・・メキシコの地名ヤラッパに由来しています。

【主な種類と品種】

‘マーベルオブペルー'

草丈60cm程度でペチュニアのような形の花を咲かせます。

‘マーベルミックス'

草丈40cm程度で、ストライプやバイカラーがミックスされています。

‘微笑み返し'

花が二段咲きになっているところが特徴です。花色も、白、黄、ピンク、赤などが揃っています。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

十分に暖かくなった4月下旬ごろにポリポットに2〜3粒播いて、覆土は1cmほどにします。タネが大きく直まきもできます。

ポットに播いた場合は、発芽後、順次間引いて、丈夫な苗を1本を残します。

植え付け

ポットに根が回ったら、花壇やプランターなどに植えつけます。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

オシロイバナの花

株が結構大きくなりますので、プランターなどに植えるときは、草丈の低い品種を選びます。

鉢植えの場合は大きめの鉢に、プランターなら標準のものより一回り大きいプランターに植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

株が大きくなりますので30〜40p程度の間隔を必要とします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

日当たりと水はけのよいところに植えれば、特段の管理は必要としませんが、草丈が高くなりすぎた株は、半分程度に切り戻しをすれば草姿が整います。

冬の管理

暖地では、地上部は枯れるものの、塊根の状態で冬を越すことができますので、寒くなる前に思い切って地際近くで切り戻しておきます。霜除けをしなくても、まず大丈夫ですが、不安なら株元をマルチングしておけば安心です。

オシロイバナの花

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

肥料

丈夫でよく成長しますので、花壇に植える場合は、やせ地以外では無肥料でもかまいません。肥料を与えるなら、チッソ分の少ない化成肥料を少量やる程度で十分です。

鉢やプランターに植える場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、株の状況を見て、必要なら追肥をします。

病気・害虫

暑くなってくるとヨトウムシに葉や花を食べられることがよくあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。