オリエンタルポピー Papaver orientale

オリエンタルポピーの花
写真 オリエンタルポピー
撮影時期 2008.5.6
栽培状況 秋まき後、庭植え
科名・属名

ケシ科
ケシ属

園芸分類

宿根草

別名

オニゲシ

原産地

西南アジア

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【オリエンタルポピーについて】

オリエンタルポピーは、西南アジア原産のケシ科ケシ属の宿根草です。ポピーの中でも花が大きく豪華です。ただし、アイスランドポピーは、秋にまいて春に開花しますが、オリエンタルポピーは、秋まきにすると、通常の栽培では春には開花しません。

それでも、宿根すればよいのですが、耐暑性が弱く、関東以西の暖地では夏に枯れてしまいます。春まきの場合も、夏越しができません。こうしたことから、暖地での栽培には適してなく、寒冷地向きの宿根草です。

栽培したところでは、秋にタネをまいて春に開花させるには、できるだけ株を大きくする必要がありますので、農ポリでトンネルにして栽培したところ比較的よく育って、上の写真のように、一部ではありますが、なんとか花を見ることができました。できれば宿根草として本来の美しい花を楽しみたいところです。

【花の特徴と性質】

オリエンタルポピーの花

草丈

60〜80p程度になります。

花弁は4〜6枚で、花茎の先に径10〜15p程度の大輪の花を咲かせます。基部に大きな黒い班があるのが特徴です。

花色は、白、淡紅色、深紅色、橙色などがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、露地でそのまま越冬します。高温多湿に弱く、暖地では宿根できません。

学名の説明

Papaver・・・・・papa(おかゆ)に由来する古名から。ケシ属の乳汁に催眠作用があるため、乳汁を粥に混ぜて子供を寝かしたことに由来すると言われています。

orientale・・・・・「東の」、「東方の」

【主な種類と品種】

ウォーターメロン

オレンジが買った赤の品種です。

ピコティ

白地にオレンジの覆輪が美しい品種です。

ガーデングローリー

紅橙色の八重咲き、草丈60p

フラミンゴ

白地に橙色の覆輪、丈50p

クレインタンゼリン

きれいな淡桃色に赤黒の斑が入ります。丈60p

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

タネをまく時期は9月中旬から10月中旬です。育苗箱にまいて、早めにポリポットに植え替えてもよいですし、ポリポットに直接まいてもかまいません。ケシ粒と表現されるようにタネは小さいですが、よく発芽します。覆土は不要です。

育苗箱にまいた場合は、本葉が2〜3枚のころにポットに植え替えます。ケシ科の植物は移植を嫌うといいますが、苗が小さいうちに丁寧にポットに取れば問題ありません。後は、薄めの液肥を与えながら苗を育てます。

植え付け

花壇に植える場合は、1週間ほど前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

タネから育てた苗は、ポットの底に根が回ったら花壇に定植します。バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

種苗会社の秋のカタログなどに苗が掲載されていますので、これを買って植えつけると、暖地でも比較的容易に花を楽しむことができます。

オリエンタルポピーの花

植え場所

日当たり、水はけのよいところに植えつけます。

株間

大株になるので40p程度とします。

日常の管理

枯れた下葉は早めに取り除きます。株分けは、秋に行いますが、暖地では夏越しが困難です。

冬の管理

オリエンタルポピーは耐寒性が強く、本来、霜除けをする必要はありません。

ただし、秋にまいて、春までに開花するだけの充実した株にするには、農ポリでトンネルをするなど冬も生育させやる必要があります。

オリエンタルポピーは、開花に低温は必要ありませんので、この点は気にする必要はありません。

肥料

本来、肥料はあまり必要としませんが、秋まきにして翌春に花を咲かすにはある程度の肥培管理が必要です。

そこで、1u当たり50g程度の化成肥料を庭土と堆肥に混ぜて植えつけます。チッソ肥料の過多は避ける必要があります。

病気・害虫

高温多湿になると灰色かび病にかかりやすくなるので、ベンレートなどで予防します。

害虫としては、アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。