エクメア・ファスキアタ Aechmea fasciata

エクメアの花
写真 エクメア・ファスキアタ
撮影時期 2018.6.24
栽培状況 開花株購入
科名・属名

パイナップル科
サンゴアナナス属
(エクメア属)

園芸分類

着生植物

別名

シマサンゴアナナス

原産地

ブラジル

用途

鉢植え

花期

5〜10月

【エクメア・ファスキアタについて】

エクメア・ファスキアタは、ブラジル原産のパイナップル科サンゴアナナス属の着生植物で、シマサンゴアナナスとも呼ばれます。この属は200種近い種類がありますが、よく栽培されているのが本種のファスキアタです。

種小名のとおり、大きな葉に白色の横縞模様が入るのが特徴です。ピンクの花のように見える苞が魅力です。

栽培したところでは、以前、子株を育てるところまで手が回らず枯らしてしまったことがあります。ピンクの苞は長く楽しめますし、耐寒性もないので、苞が終わればそれでよしと割り切るのも一つの考え方です。

【花の特徴と性質】

草丈

ロゼット状で60cmほどになります。葉に白色の横縞模様が入るのが特徴です。

ピンクの花のように見えるのは苞で、花は紫色で苞の中から顔を出します。花は、2〜3日もすれば萎みますが、長い間、美しい苞を楽しむことができます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性はありますが、耐寒性はありません。

学名の説明

Aechmea・・・・・「槍の先端」を意味するギリシャ語の aikhme が語源です。

fasciata・・・・・「束状の」、「帯状の」、「横縞の」

【主な種類と品種】

葉に斑の入る品種などがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどで、開花株が販売されていますので、これを買って育てることになります。耐寒性がないので、鉢での栽培になります。

鉢植えの用土

着生植物で土を必要としませんので、一般的には水ゴケに植え付けるのが簡単です。

置き場所

春から秋は、夏場を除き、午前中少し日の当たるところに置きます。夏場は、直射日光の当たらないところに移します。

エクメア・ファスキアタの花

植え替え

花が咲いた株にもう一度花が咲くことはありませんので、花後に出てきた子株の葉が5〜6枚になったら、親株から切り離して植えつけます。

株分けして育ててきた子株は、5月頃になったら5号鉢に植え替えます。

日常の管理

筒になった部分に水をため、水切れしないよう注意します。

下葉端が変色したら、切り取っておきます。

冬の管理

冬が近づいたら筒の部分には水を貯めず、冬は水ゴケが乾いたら、水ゴケの部分に水やりします。

レースのカーン越しの日が当たるところに置きますが、窓際は夜間冷え込みますので、日の当たる範囲で、できるだけ部屋の中央付近に置きます。部屋に小さな簡易温室を入れ、その中に置くと安心です。

夏の管理

直射日光が当たると葉焼けしますので、直射日光が当たらないところに置きます。

ふやし方

植え替えの時に、子株を親株から切り離して3号程度の鉢に植えつけます。

肥料

冬場を除き、緩効性の化成肥料を2月に1回与えます。

病気・害虫

カイガラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。