エリンジウム Eryngium spp.

エリンジウムの花
写真 エリンジウム・プラナム 'ブルーホビット'
撮影時期 2007.6.30
栽培状況 秋まき後、庭植え(冬は農ポリでトンネルして霜除け)
科名・属名

セリ科
ヒゴタイサイコ属
(エリンジウム属)

園芸分類

宿根草

別名

エリンギウム

原産地

ヨーロッパ、中央アジア

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【エリンジウムについて】

エリンジウムは、ヨーロッパや中央アジア原産のセリ科ヒゴタイサイ属(エリンジウム属)の宿根草ですが、耐暑性が弱いので、関東以西の暖地では宿根しにくく、一・二年草と思って育てたらよいかと思われます。

一般に出回っているのは、暖地でも比較的育てやすいマツカサアザミとも呼ばれるプラナム(E. planum)で、アルビナム(E. alpinum)の方はあまり見かけません。

プラナムの‘ブルーホビット'という品種のタネを秋に播き、花壇に植えて栽培したところでは、思っていた以上によく育って、たくさんの花が咲いてくれました。もっとも、花後には枯れてしまいましたので、宿根するところまではいきませんでした。

【花の特徴と性質】

エリンジウムの花

草丈

40〜60pくらいです。なお、写真のブルーホビットは矮性で30pほどです。

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性が弱いので暖地では花後に枯れてしまう場合がほとんどです。

耐寒性・耐暑性

Eryngium・・・・・ギリシャ語の eryngion(水柊)に由来します。

planum・・・・・「平らな」、「平たい」

alpinum・・・・・「高山の」、「アルプス山脈の」

giganteum・・・・・「非常に大きい」

【主な種類と品種】

プラナム
E. planum

アザミに似た姿と花をつけるので、マツカサアザミと呼ばれます。(写真:上下)

アルピナム
E. alpinum

苞がレース状に広がって咲きます。(写真中)

ギガンチウム
E. giganteum

刺が鋭く、緑色の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

以下は、プラナムの育て方を記載しています。

タネまき

タネから育てる場合は、9月下旬〜10月上旬に育苗箱若しくはポリポットに直接播き、覆土はタネが隠れる程度にします。寒地の場合は春にまきます。

育苗箱に播いた場合は、本葉が3〜4枚のころポリポットに植え替えて苗を育てます。

植え付け

関東以西の暖地の場合は、ポットに根が回ってきたら花壇やプランターなどに定植します。暖地以外は、ポットのまま霜の当たらないところで育て、春に定植します。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて軽く耕しておきます。植え付けの際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lと化成肥料を入れ、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

苗は、春か秋に出回ります。ポット苗の場合は、根鉢を崩さないように植え替えます。下の写真は、春に苗を購入して庭に植え付けたものです。思いのほかよく生育し、花が咲きましたので、苗を植えるなら、春植えで問題ないと思われます。

鉢植えの用土

赤玉土、腐葉土若しくはバーク堆肥、パーライト(川砂)を6:3:1程度に混ぜた用土などを使います。

エリンジウムの花

植え場所・置き場所

鉢植えなどで日当たり良く、水はけのよい場所を好みますが、高温多湿に弱いため、鉢植えの場合は、梅雨の雨が当たらない場所で管理します。ただし、暖地では夏越しは容易ではありません。

株間

25〜30cmほどにします。

日常の管理

暑さに弱いので、敷きわらなどをして株元を涼しくしてやります。

冬の管理

耐寒性は強いですが、秋に定植したときは、春に花を咲かせるために霜除けをして生育を助けるようにします。上の写真は、冬場、農ポリでトンネルをしています。

肥料

花壇に植える場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を1u当たり30gほど入れて植えつけます。後は、春先に追肥をします。

鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を元肥として与え、後は、暖かくなったら2週間に1回程度液肥を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。

病気・害虫

ヨトウムシに葉を食べられることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。