エボルブルス

エボルブルスの花
写真 エボルブルス
撮影時期 2007.9.8
栽培状況 庭植え

科名・属名

ヒルガオ科
エボルブルス属

園芸分類

非耐寒性宿根草

別名

アメリカンブルー

原産地

温帯〜熱帯アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

7〜10月

【エボルブルスについて】

エボルブルスは、北アメリカからアルゼンチンに100種ほどが分布していますが、園芸種として栽培されているのは、ブラジル原産のピロサス種で紫色〜青色の花が咲き、葉の両面に軟毛が密生しています。なお、今は、種小名が変更されています。

アメリカンブルーとも呼ばれますが、これは、ピロサス種を元にハワイで品種改されたもので、‘ブルー・デイズ’(Blue Daze) と名付けられています。なお、本種は、グロメラツスと混同されているようですが、種小名からすれば、葉に軟毛があるのはピロサス種と考えられます。

寒さに弱いことから庭植えでは冬を越すのは困難ですので、通常は一年草として扱われます。室内に取り込めば、冬を越すことができますが、値段も高くないので、そこまでする必要はないかと思います。

【栽培メモ】

暑さに強く丈夫で育てやすい宿根草で、暑い夏にブルーの花がとても冴えますので、夏の花壇や鉢植えに1株は欲しい花です。摘芯をして枝数を増やすと、にぎやかに咲いてくれました。

【エボルブルスの概要】

エボルブルスの花

草丈

匍匐性で、草丈が20〜30p程度の品種が流通していますので、鉢やプランターで育てるのに向いています。

横に伸びる茎の先に径3pほどのブルーの小さな花を次々と咲かせます。日が当たると花が開き、夕方や曇りの日は閉じる性質があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 強い

暑さには大変強いですが、寒さに弱いので戸外では越冬できません。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Evolvulus nuttallianus(= E. pilosus)

学名の説明

Evolvulus・・・・・「広がる」、「展開する」という意味です。

pilosus・・・・・「有毛の」、「柔毛のある」

nuttallianus・・・・・19世紀イギリスの植物学者 Thomas Nuttall への献名

glomeratus・・・・・「球状に集まった」、「密集した」

【主な種類と品種】

'ブルーマイマインド'
(Blue My Mind)

エボルブルスの種間交配種です。草丈30pほどで、ブルーの花が密生して咲きます。

'ブルーシエル'

草丈20pほどのコンパクトな株で、青空のようなブルー色の花が咲く品種として紹介されています。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 摘芯を繰り返して枝数を増やすようようにします。

植え付け

春になると園芸店やホームセンターなどで見かけるようになります。ポット苗で売られている場合が多いですので、この場合は、大きめの鉢に植え替えるかプランターに植えつけます。

耐寒性が弱いので、通常は鉢やプランターで育てますが、生育期間中は庭に植えておき、寒くなる前に刈り込んで鉢に戻すこともできます。

鉢植えの用土

用土は、一般の草花培養土でよく育ちます。

エボルブルスの花

置き場所

日当たりを好むので、よく日の当たる場所に置きます。

植え替え

冬を越した株は、4月に植え替えます。

日常の管理

鉢やプランターで育てる場合、乾燥には比較的強いですが、生育期にはたっぷりと水を与えます。

枝が四方に広がりますので、摘芯を繰り返して枝数を増やすようようにします。こうすることで花がにぎやかに咲いてくれます。

冬の管理

寒さに弱く、冬になると生育が止まりますので、室内の窓辺置き、多湿にならないよう水やりを少なくします。

最低でも5度程度は必要ですので、暖地でも軒下では冬越しは厳しいです。

ふやし方

挿し芽で増やすことができます。夏にバーミキュライトなどに挿すと発根します。

肥料

植え付け時に緩効性の化成肥料を鉢土に混ぜて植え付け、後は、1カ月に1回固形肥料を置き肥するか、10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。