イリマ

イリマの花
写真 イリマ
撮影時期 2020.7.13
栽培状況 鉢植え

科名・属名

アオイ科
キンゴジカ属

園芸分類

常緑低木

別名

(特にありません)

原産地

太平洋諸島

用途

鉢植え

花期

5〜10月

【イリマについて】

イリマは、太平洋諸島原産のアオイ科キンゴジカ属の常緑低木で、ハワイではハイビスカスと同様に人気のある花木です。イリマの花は、レイを作るのに使われますが、イリマのレイはロイヤルレイと呼ばれ、かつては王族などの身分の高い人しか身につけることができなかったと言われています。

なお、キンゴジカ属の中では、南西諸島、種子島、屋久島等に分布するキンゴジカ(Sida rhombifolia)があります。また、キンゴジカは、金午時花と書くと思われますが、午時花については、ゴジカのページをご覧ください。

【栽培メモ】

鉢植えで育てていますが、木が小さいうちから花が咲いています。生育はゆっくりで、枝がどんどん伸びると言うことはありません。

【イリマの概要】

樹高

20〜50pほどです。

黄色〜濃い黄色の花が咲きます。花は、周年咲きで、新しく伸びてきた枝の先に咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 強い

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:(冬の保温ができれば)比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Sida fallax

学名の説明

Sida・・・・・水生植物に付けられたギリシャ語の名前に由来します。

fallax・・・・・「偽の」、「惑わされる」

rhombifolia・・・・・「菱形の葉の」

【主な種類と品種】

立性のブラックコーラルという品種があります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

植え付け

春から初夏に園芸店やホームセンターで苗が売られていますので、通常は、これを買って育てることになります。耐寒性が弱いので、通常は鉢植えで育てることになります。

ポット苗を購入したときは、6〜7号鉢に植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土、あるいは、赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

イリマの花

置き場所

日当たりのよいところを好みますが、半日陰でも差し支えありません。

植え替え

根づまり気味になってきたら、一回り大きい鉢に植え替えます。

日常の管理

過湿を嫌いますので、鉢土の表面が乾いててきたら水やりをします。

剪定

枝が伸びすぎて樹形が乱れたら、適宜、切り戻しをします。

冬の管理

耐寒性が弱いので、冬は室内に取り込みます。

肥料

生育期間中に液肥を月2回程度与えるか、緩効性の化成肥料を置肥します。

病気・害虫

(未確認です。)

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。