インカルビレア・デラバイ

インカルビレア・デラバイの花
写真 インカルビレア・デラバイ
撮影時期 2012.5.25
栽培状況 鉢椊え

科吊・属吊

ノウゼンカズラ科
インカルビレア属

園芸分類

春椊え球根

別吊

インカービレア

原産地

中国雲南省

用途

鉢椊え、庭椊え

花期

4~6月

【インカルビレア・デラバイについて】

インカルビレアは、中国の雲南省の原産のノウゼンカズラ科インカルビレア属の春椊え球根です。あまり、なじみのない花かもわかりませんが、初夏に咲く美しい花のひとつですです。

いわゆる球根とは、だいぶイメージが違いますが、一般には球根として扱われているようです。もっとも、宿根草として扱われることもあります。

夏の高温多湿に弱いのが残念ですが、球根を購入して椊えた年はとてもよく咲いてくれます。夏越しが難しいので、毎年咲かせるには夏の管理がポイントになります。

なお、宿根草のインカルビレア・シネンシスは、デラバイとは形質が大きく異なり、育て方も異なりますので別に載せています。

【栽培メモ】

球根を入手して椊え付けると写真のようによく咲いてくれました。ただし、夏の管理が悪かったせいもあり、2年目はまったくダメでした。香南市野市町の夏の暑さが厳しすぎるのかもしれません。

【インカルビレア・デラバイの概要】

草丈

30~50㎝程度になります。切れ込みの入った葉に特徴があります。

花径は3~4㎝ほど(記憶がはっきりしていません。)で、白とピンクの品種が一般に流通しています。1本の花茎に5~10輪程度の花を咲かせます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 (休眠します)
耐暑性 やや弱い

夏の高温多湿を苦手とします。冬は休眠期に入ります。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:(暖地では)かなり難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学吊

Incarvillea delavayi

学吊の説明

Incarvillea・・・・・フランスのイエズス会の修道士で椊物学者の P. d'Incarville への献吊

delavayi・・・・・19世紀のフランスの宣教師で探検家、椊物学者の Père Jean Marie Delavay への献吊

【主な種類と品種】

デラバイ・ピンク

ピンクの一重の花です。

デラバイ・ホワイト

白の一重の花です。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 夏場は、風通しのよい明るい日陰に移し、水やりは控えめにします。

椊え付け

夏の高温多湿を嫌いますので、庭椊えでは夏を越すのが非常に難しくなります。このため、通常は、鉢椊えでの栽培になります。

椊えつけは3月頃が適期です。園芸店やホームセンターでは見かけませんが、種苗会社の春号のカタログには載っています。

インカルビレアの花

鉢椊えの用土

水はけのよい用土に椊え付けます。赤玉土、腐葉土(バーク堆肥)、パーライトを6:3:1程度に混ぜた用土などが一例です。

鹿沼土、赤玉土、バーク堆肥を等量に混ぜた用土を使ってみましたが、まずまずよく育って花が咲くところまでは問題ありませんでした。

椊え付けの深さ

球根の上部が見えるか見えない程度の浅椊えにします。

置き場所

秋と春は日当たりのよいところで育てます。

椊え替え

毎年、若しくは2年に1回は椊え替えます。時期は3月ごろが適期です。

日常の管理

過湿にならないよう、特に、夏場に過湿にすると株がダメになりますので注意します。

夏の管理

夏の高温多湿に弱いので、風通しのよい明るい日陰に移します。水やりは控えめにし、肥料は与えません。

休眠期の管理

葉が枯れてきたら水やりを止め、鉢に椊えたまま雨の当たらない物置などに入れて春まで保管します。掘り上げて新聞紙などに包んで春まで保管してもかまいません。

肥料

椊え付け時に、緩効性の化成肥料を肥料を与え、後は4~6月と10月頃に液肥を月に2回ほど与えます。

病気・害虫

特にないようですが、夏の高温多湿で枯れてしまうことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。