アリウム・ギガンテウム

アリウム・ギガンテウムの花
写真 アリウム・ギガンテウム
撮影時期 2008.5.25
栽培状況 庭植え

科名

ヒガンバナ科

属名

ネギ属

学名

Allium giganteum

園芸分類

秋植え球根

別名

アリウム・ギガンチウム

原産地

中央アジア

主な用途

庭植え

花期

5月

【アリウム・ギガンテウムについて】

アリウム・ギガンテウムは、中央及び西アジア原産のヒガンバナ科ネギ属の秋植え球根です。

アリウムの中でも大型で、花もとても大きいことから人気があり、昔からよく栽培されています。

【栽培メモ】

一度植えっぱなしにしたところ、ほとんど翌春には芽が出てきませんでしたので、毎年、掘り上げる必要があると思いました。

それから、開花時期になると葉が茶色くなってしまうことがありましたが、温暖化のせいでしょうか、最近、ひどくなってきたように思います。

【育て方は下へ ↓ 】

【花の特徴と性質】

草丈

80〜120cmになります。

藤桃色の小さな花が集まって、15cm程度の大きな花房をつくります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 (夏は休眠)

耐寒性は強く、露地植えでも問題ありません。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱いの4区分。判断基準は、こちら

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名の説明

Allium・・・・・ニンニクの古ラテン名 allium に由来します。

giganteum・・・・・「非常に大きい」、「巨大な」

【主な種類と品種】

アリウムのほかの品種は、こちらをご覧ください。

【 育て方 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 花壇に植えている場合、温暖地では夏に球根が腐りやすいので毎年掘り上げます。

植え付け

植えつけは、10月上旬〜11月上旬が適期です。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけの前に苦土石灰を1u当たり100〜150gほど撒いて耕しておきます。植え付けの際は、腐葉土(又はバーク堆肥)を1u当たり10Lほど入れて、化成肥料と一緒に庭土とをよく混ぜてから植え付けます。

植え付けの深さ

花壇に植える場合は10〜15p、鉢植えの場合は5pを目安にします。

アリウム・ギガンテウムの花

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、市販の球根用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

株間

庭植えの場合は、25〜30pほどにします。鉢植えの場合は、7号鉢に1球が目安です。

植え替え

花壇に植えている場合、温暖地では夏に球根が腐りやすいので毎年掘り上げるようにします。鉢植えの場合も、毎年植え替えます。

日常の管理

開花時期になると、葉先が茶色になってきて、ひどい場合は花が終わる頃には大半がそうなってしまうことがあります。これは、土が乾燥しすぎたり、地温が上がりすぎることが原因ですので、マルチをするなどして地温の上昇を抑えるとともに、乾燥させすぎないようにします。

花の終わった花茎は、早めに切り取ります。

冬の管理

耐寒性が強いので、冬は霜除け等の必要はありません。

休眠期の管理

花が終わって葉が黄色くなって来たら休眠期に入りますので、葉が枯れてきたら球根を掘り上げます。

掘り上げた球根は、水洗いして日陰で乾燥させます。球根が乾いたら、ネットの袋などに入れて、植えつけ時まで保管しておきます。保管場所は、雨の当たらない日陰の風通しのよいところにします。

肥料

花壇に植えた場合は、植え込み時に緩効性の化成肥料を入れて庭土とよく混ぜておきます。多肥にすると球根が腐りやすくなるので注意します。

鉢やプランターの場合は、植えつけ時に緩効性肥料を与え、暖かくなったら花が咲くまで液肥を月2〜3回与えます。

病気・害虫

アブラムシに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。