アマクリナム Amacrinum howardii

アマクリナムの花
写真 'ドロシーハンニバル'
撮影時期 2008.8.23
栽培状況 庭植え
科名・属名

ヒガンバナ科
アマクリナム属

園芸分類

春植え球根

別名

(特にありません)

原産地

(園芸交雑種)

用途

庭植え、庭植え

花期

7〜8月

【アマクリナムについて】

アマクリナムは、ヒガンバナ科のベラドンナリリークリナム属の属間雑種です。クリナムと比較すると一回り小さく、クリナムほどは場所をとらないので、大きめのプランターで育てることができます。

大変丈夫で、冬の寒さに気をつければ庭植えでも栽培できます。

栽培したところでは、球根が大きく、充実しないと花が咲きにくいです。クリナムと比較すると少し寒さに弱いですが、庭植えのほうが花が咲きやすいように思いました。

【花の特徴と性質】

草丈

50〜70p程度です。

花径は10p程度で、ひとつの花茎から8〜10輪程度咲きます。花色は、白、ピンクなどがあります。

耐寒性・耐暑性

半耐寒性ですので、だいたいの品種は、関東以西の暖地では庭植えで大丈夫です。ただし、寒さの厳しいときは霜除けをした方が安全です。

学名の説明

Amacrinum・・・・・ Amaryllis + Crinum が語源です。

howardii・・・・・アメリカの Thad M. Howard に因みます。

【主な種類と品種】

ドロシーハンニバル

ピンクの花が咲きます。

フレッドハワード

ピンクの花弁に赤い筋が入ります。(写真下)

サマーノクターン

草丈1mほどで、底白のピンクの花です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

4月頃が植えつけ、植え替えの適期です。庭植えのほか、大きめの鉢やプランターで栽培できます。

庭に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

植え付けの深さ

庭植えの場合は、芽の出る部分が土の上にくる程度に植えつけます。

鉢やプランターに植える場合は、二分の一か三分の一程度が土の上に出るように浅く植え付けます。

アマクリナムの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植えるときは、日当たりがよく、水はけのよいところに植えつけます。鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

株間

鉢植えは8〜10号の大きな鉢に、また、プランターも大型のプランターに植えつけます。庭植えの場合の間隔は30〜40pほどにします。

植え替え

鉢やプランターに植えたときは、2年に1回ほどの頻度で植え替えます。

日常の管理

植えた年は葉の展開が遅くなりますが、日当たりと水はけの良いところに植えてあれば心配はいりません。鉢植えは、生育期は土の表面が乾けば与えるようにし、秋になると控えめにします。

冬の管理

品種によっては、耐寒性があまり強くない品種もありますので、冬は、庭に植えた株は霜除けをした方が安全です。

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

ふやし方

植え替えの時に、分球して増やすことができます。

肥料

鉢植えの場合、生育期間中は固形肥料を置き肥するか、2週間に1度の液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。