アサリナ Asarina spp.

アサリナの花
写真 アサリナ
撮影時期 2016.9.10
栽培状況 春にタネまき後、庭植え
科名・属名

ゴマノハグサ科
アサリナ属

園芸分類

春まき一年草(ツル性)

別名

ツルキンギョソウ
キリカズラ

原産地

ヨーロッパ

用途

鉢植え

花期

6〜11月

【アサリナについて】

アサリナは、ゴマノハグサ科の春まき一年草です。アサリナ属には16種ほどがあるようですが、通常、アサリナとして流通しているのは、ツタバキリガラスと呼ばれる A. barclaianaです。

ツル性ですのでネットやフェンスに這わせたり、アンドン仕立てなどにして育てます。草勢が強く、誘引の作業さえいとわなければ丈夫で育てやすく、夏から霜の降りる頃まで花が咲いてくれます。

栽培したところでは、発芽もよく、小苗の生育もよいので育苗はそれほど難しくはありませんでした。3月末に簡易ハウスにまいて、育てたら開花は7月初めになりました。

【花の特徴と性質】

アサリナの花

草丈

ツル性で、茎は細いですが草勢が強く、よく伸びます。

花径は4〜5pほどで、花色は青、紫、白などです。花期が長いので、長く楽しめます。

耐寒性・耐暑性

本来は宿根草ですが、寒さに弱いので春まき一年草として扱われています。耐暑性は強く夏によく咲きます。

学名の説明

Asarina・・・・・キンギョソウを意味するスペイン語に由来します。

barclaiana・・・・・19世紀イギリスの植物学者 Robert Barclay に因みます。

【主な種類と品種】

スカイブルー

青紫の花です。

スノーホワイト

白花です。

ミスティックローズ

やさしいピンクの花です。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

発芽適温が20〜25度と高いため、4月下旬〜5月がタネまきの適期です。

箱まきにするか、ポットや小鉢に2〜3粒ずつ直接まきます。覆土はタネが隠れる程度にします。

発芽後、ポットにまいたものは苗の生育状況を見てしっかりした苗を1本残し、他は間引きします。箱まきしたものは、本葉が3〜4枚になったらポットや小鉢に植え替えて苗を育てます。

アサリナの花

植え付け

花壇に植えるときは、前もって苦土石灰を1u当たり100gほどまいて耕しておきます。

ツルが伸びてきて、ポットに根が回ったら、花壇やプランターなどに定植します。だんだんとツルの伸びが速くなりますので、伸び過ぎないうちに定植します。

花壇に植えるときは、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり5〜6Lほど入れて、庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

鉢植えの用土

鉢やプランターに植えつける場合は、市販の草花用培養土で差し支えありません。

株間

花壇に植えるときは25p程度、プランターに植えるなら60cmの標準のプランターで3株程度が目安です。

植え場所・置き場所

日当たりのよいところに植え付けます。日当たりが悪いと花付きが悪くなります。

ただし、夏の西日が長く当たると葉焼けすることがありますので、こうした場所は避けたほうが賢明です。鉢やプランターも同様です。

日常の管理

本葉が6〜7枚程度になったら摘芯をして、枝数を増やすようにします。

つるがよく伸びますので、花壇やプランターに植えたときは、ネットやフェンスに絡ませていきますので、早めに準備します。私は、10cm角のキュウリ用のネットを使っていますが、よく絡んでいきます。

アサリナの花

気温が上がるにつれてツルの伸びが旺盛になりますが、誘引をしないとなかなか上に伸びていかないので、遅れないように誘引します。鉢に植えた場合は、アンドン仕立てにしてツルを伸ばしていきます。

鉢やプランターは、過湿にならないようにしますが、夏場、乾燥させすぎないよう注意します。

長い間咲きますので、咲き終わった花がらはこまめに取ってやります。

肥料

花壇に植えつける場合は、化成肥料を1u当たり30〜50gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜて植え付けます。後は、月に1回程度追肥します。

鉢やプランターに市販の草花用培養土を使うときは、あらかじめ肥料分が入っていますので、植え付け後、苗の生育状況を見ながら液肥を与えます。

病気・害虫

あまり被害を与えるようなものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。