アレナリア Arenaria montana

アレナリアの花
写真 アレナリア・モンタナ
撮影時期 2003.4.12
栽培状況 庭植え
科名・属名

ナデシコ科
アレナリア属

園芸分類

宿根草

別名

オオユキソウ

原産地

ヨーロッパ南西部

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【アレナリアについて】

アレナリアは、北半球に150種ほどが分布していると言われていますが、園芸店やホームセンターなどでよく見かけるのはアレナリア・モンタナという種類です。

耐暑性がやや弱いものの、コンパクトな株から小さな白い花がたくさん咲いて株を覆うようになります。草丈が低く、花壇に植えても勿論よいですが、鉢物としても優れています。

栽培したところでは、春に購入した株を、花後に切り戻しをして、夏場、半日陰になるところに植えておいたところ、なんとか夏を乗り切れることができました。

翌年には、写真のように大株になり見事に咲いてくれました。ただし、花後に切り戻しをしましたが、蒸れてしまったのか、元気がなくなり、やがて枯れてしまいました。株分けを兼ねて、花後すぐに植え替えをした方がよかったようです。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は10pほどで横に広がってマット状になります。

白花で、花径は2pほどです。株一杯に花を付けますので、とても魅力的です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性がやや弱く、大株になると蒸れて枯れやすくなります。

学名の説明

Arenaria・・・・・ arena(砂)が語源です。
※ 砂質の土壌に自生することに因みます。

montana・・・・・「山の」、「山地の」

grandiflora・・・・・「大きい花の」

【主な種類と品種】

モンタナ
A. montana

園芸店でアレナリアといえば、この種類です。

グランディフローラ
A. grandiflora

オオユキソウという別名がついています。同じように、マット状に広がる株から小さな白い花が多数咲きます。高山性で夏の暑さには弱いです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春先に園芸店やホームセンターなどで春に苗が売られていますので、通常は、これを購入して育てることになります。花壇に植えて育てることもできますが、コンパクトな株ですので、鉢植えで育てるのに向いています。

花壇に植える場合は、酸性土壌を嫌いますので、植えつけ前に苦土石灰などをまいておきます。

プランターに植える場合は、浅底で丸形のものが向いています。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、パーライトを6:3:1程度の比率に混ぜた用土などに有機石灰を少し加えたものなどを使います。

アレナリアの花

株間

30pほどに広がりますので、それを目安にします。

植え場所・置き場所

日当たりのよいところを好みますが、暑さを嫌いますので、花壇に植える場合は、夏は半日陰、あるいは午後は日陰になるようなところに植えつけます。

鉢やプランターで育てる場合は、秋から春は日当たりのよいところで育てます。

植え替え

花壇に植えた場合は、2〜3年に1回植え替えをします。時期は、花後すぐ又は10〜11月頃が適期です。ただし、暖地の場合、大株は、株分けをしないと夏を乗り切ることが難しくなってきます。

鉢やプランターに植えた場合は、毎年、同じ時期に株分けを兼ねて植え替えます。

日常の管理

乾燥を嫌いますので、表土が乾いてきたら、たっぷりと水を与える。

夏が来る前に切り戻しをして、蒸れを防ぐようにすると夏を越しやすくなります。

夏の管理

高温多湿と強光を嫌いますので、プランターなどで育てている場合は、半日陰になるところに移します。真夏は明るい日陰でもかまいません。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくします。

ふやし方

株分けと挿し芽で増やすことができます。挿し芽は、5月〜6月ごろに新芽の先を10cmほど切ってバーミキュライトなどに挿します。

肥料

植え付け、植え替え時に緩効性肥料を与えます。後は、秋に追肥をしますが、あまり多肥にする必要はありません。特に、花壇に植えた場合は、無肥料でもよく咲いてくれます。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。