トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て」の一覧に戻る「て」の一覧に戻る 「と」の一覧に戻る「と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ スマホ版スマホ版

ガーデンアマリリス Amaryllis Hippeastrum hybridum

ガーデンアマリリスの花
写真 ガーデンアマリリス ’バレンチノ’
撮影時期 2014.5.11
栽培状況 庭植え
科名・属名

ヒガンバナ科
ヒッペアストラム属

園芸分類

春植え球根

別名

ヒッペアストラム

原産地

南アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5月

【ガーデンアマリリスについて】

アマリリスは、比較的耐寒性があり鉢植えを軒下に置いておくと冬を越しますが、庭植えにすると霜に当って傷んでしまいます。

その点、このガーデンアマリリスは、特に耐寒性が強く庭植えにして花が楽しめる品種群で、「サカタのタネ」から‘ガーデンオーケストラ’として売り出され、その後、他の種苗会社のカタログにも耐寒性のアマリリスとして載っています。

ここでは、耐寒性が強く、庭植えできるアマリリスということでガーデンアマリリスとして紹介しています。

栽培した結果からすると、その名のとおり庭植えで、まったく問題なく毎年花が咲きます。その上、植えっぱなしにして数年経ちますが、植え替えをしなくても年々よく咲いてくれます。

【花の特徴と性質】

ガーデンアマリリスの花

草丈

50〜60pほどになります。

一般に売られているアマリリスと比較すると少し小ぶりで、花径10cmほどです。花色は白、黄、ピンク、赤とそろっています。

耐寒性・耐暑性

一般のアマリリスは耐寒性があまり強くありませんが、このガーデン・アマリリスは、寒さに強く植えっぱなしにしても年々よく咲いてくれます。

【主な種類と品種】

‘バレンチノ’

一重の赤花が咲きます。

‘アラスカ’

八重咲きの品種で、白い花が咲きます。(写真中)

‘ヘリオス’

淡い黄色の花色で、一重咲きです。(写真下)

【育て方と栽培のポイント】

アマリリスを鉢植えで育てるなら、わざわざガーデンアマリリスを選択する必要もないかと思われますので、ここでは、庭植えについて記載しています。

植え付け

3月下旬〜4月頃が植え付けの適期です。植え付ける際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れ、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

ガーデンアマリリスの花

植え付けの深さ

球根の上に、5cmほど土が被るように植えつけます。

植え場所

午後は、西日を避けられるところがよいとされています。ただし、午後もしばらく日の当たるところに植えていますが、特に問題なく育っていますので、あまり神経質になる必要はないと思われます。

株間

庭植えの場合は20cm程度の株間とします。

植え替え

一度植え付けると、しばらく植えっぱなしにできます。数年して、株が混み合ってきたら分球を兼ねて植え替えます。

日常の管理

寒さに強いといっても、初年度は凍らないように防寒します。

葉が枯れたら、地際から3〜5cm残してきり戻しをしておきます。

ふやし方

分球して、増やすことができます。

肥料

庭植えの場合は、特に施肥をしなくてもよく育ちます。

病気・害虫

夏に芯を食い荒らす虫の被害を受けることがありますので、見つけ次第駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。